ひつじ年なので羊のおもひで

私が初めて本物の羊を見たのは、保育園児の頃です。
昭和30年代の後半、たーたん5歳の頃です。
その頃、仲の良かったのはまりちゃんでした。
彼女の家の手前に橋があって、5歳の私にはその橋の向こうは
とても遠い所のように感じられ、行ってはいけないところだと
勝手に思い込んでいました。

いつも、まりちゃんが「うちで遊ぼう」といっても
「橋の向こうだから嫌だ」と、お断りしていました。
ある時、彼女が「うち、梨がイッパイあるよ」と誘って来ました
そうでした。彼女の家は梨農家。
梨が食べたい一心で、初めて彼女の誘いに乗りました。

ドキドキしながら橋を渡り、彼女の家に着きました。
玄関を開けると薄暗い土間になっていて、
玄関脇の部屋でお姉さんが編み物をしていました。
年の離れたお姉さんで、私はお姉さんと言うよりオバサンと
思ってしまいました。
土間を奥へと進んで、台所のわきを通ると、裏庭へ出られる
ドアが見えました。
「こっちに梨があるよ」と先に行ったまりちゃんが手招き
しました。おおーー梨畑は裏にあるんだぁわーあい!!

と進もうとしましたら、
何か、どでかい生き物が頭の上の方から
うも゛~~~~!!と鳴きました
なにこれーーー牛かラクダかぁーと思いました。
汚れた灰色の巨大生物。
私を見下ろして、怖い目で睨んでいる(ように見えた)
まりちゃんは「ひつじだよ。おとなしいから」
何て言うけど、これ、ほんとに羊?
メリーさんの羊は、真っ白でかわいくってめぇめぇってなくんだよ。それになんで家の中に(土間だけど)羊がいるんだぁ

ダダダっと走って羊の脇を通り抜け、裏庭へ飛び出ました。
そこは、広い梨畑でした。
しばらく梨を採って食べたり、木に登って遊んだりしましたが
又あの羊の所を通らないと帰れないと思うと、
ちょっと憂鬱でした。

何年か経って、
小学校4年生の頃だったと思い ますが、
又まりちゃんが「うちに遊びにこない?」と言って来たので、
「羊がいるから、やだ」と断りました。
すると、
「もう、羊いないよ」と言うので、
それじゃぁーお邪魔しようかな(梨、梨、食べられる)
と、何年かぶりかでお邪魔しました。

久々のまりちゃんの家は玄関回りがリフォームしてあって、
土間がなくなっていました。
でも、相変わらず玄関脇の部屋でお姉さんが編み物をしていました。
のちに彼女は編み物教室の先生になりました。


そして、確かに羊は、いなくなっていました。
ほぉ~ひと安心。。。。。
が!!!
しかぁーし!!

梨畑もなくなっていた!!(* ̄∇ ̄*)・・・(;´Д`)
ジャンジャン

今思えば、
あの羊(綿羊?)は何のために飼われていたのでしょうか。
ペット?のわけないしね。
群れる動物なのに1頭だけで寂しかっただろうな。

もしかして、
お姉さんは、あの羊の毛を刈って、糸にして
セーターとか、マフラーなんかを編んでいたのかも。
おおーーそれは、まさにホームスパン!
お姉さんに弟子入りしとけばよかったな。

それから、
私は羊というのはとても大きい動物とずっと思っていたけど
5歳の時より、だいぶ身長も伸びたので(今は縮みつつある)
今は巨大生物とは思っていません。
あの梨畑も、広大な畑に思えたけど、ほんとは1反くらいの
広さだったのかもしれません。
[PR]

by tsuwabuki9674 | 2015-01-07 18:09